2018年 F1バルセロナテスト リザルト

2018年最初の公式テスト

2018年最初のF1世界選手権公式テスト。コスト減の目的で厳格なテスト制限下の中、それぞれのチームはオーストラリアグランプリに向け、1台体制下での実走行テストがバルセロナのカタロニア・サーキットで開催された。

3強と言われる「メルセデス」「フェラーリ」「レッドブル」。前年王者であるメルセデスのトト・ウォルフ代表が「2018年のF1選手権はチーム間のパフォーマンスがより近づき、三強時代に終止符が打たれるだろう

と、各チームの競争力が上がってきたことを鑑みてこのような予想していることもあり、注目の初テストとなった。

また、マクラーレンと離別したホンダが、トロロッソと再スタートを切る今年、その結果も注目が集まる。


3月6日 初日の結果

初日のトップタイムとなったのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。1分20秒362を記録した。周回171。

2番手はメルセデス、バルテリ・ボッタス。1分20秒563を記録した。周回86。

3番手はレッドブルのマックス・フェルスタッペン。1分20秒649を記録。周回数130。

4番手、午後からメルセデスはルイス・ハミルトンにドライバーを交代して91周を走行。1分20秒596のタイムを記録。

5番手はトロロッソ・ホンダ、ピエールガスリーが1分20秒973を記録。周回は54。

6番手はハースのケビン・マグヌッセン。1分21秒298を記録。周回は96。

7番手はルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。1分21秒432を記録。周回48。

8番手は同じくルノー、カルロス・サインツ。1分21秒455を記録。周回91。

9番手はウィリアムズ、セルゲイ・シロトキン。1分21秒588を記録。周回42周。

10番手はフォース・インディアのセルジオ・ペレス、11番手はザウバーのマーカス・エリクソン、12番手はマクラーレンのストフェル・バンドーン、13番手はウィリアムズのランス・ストロールの順位となった。

3月7日 2日目の結果 メルセデス勢、強し。

トップタイムはレッドブル・レーシング、ダニエル・リカルド。1分18秒047を記録した。昨年のF1スペインGPでルイスハミルトンが記録したポールタイムの1分19秒149を上回り、カタロニア・サーキットでのレコードを更新しました。

2番手、3番手はメルセデス勢が占めた。

2番手のルイス・ハミルトンが1分18秒400を記録。周回90。

3番手バルテリ・ボッタスは1分18秒560。周回85。

4番手はフェラーリ、セバスチャン・ベッテル。1分19秒541を記録。周回65。

5番手はトロロッソ・ホンダ、ブレンドン・ハートレー。1分19秒823を記録。周回119。前日に続いてトップ3チームに次ぐベスト・オブ・ザ・レストの位置に。

6番手はマクラーレン、フェルナンド・アロンソ。1分19秒856を記録。周回57。

7番手はルノー、カルロス・サインツ。1分20秒042を記録。周回88。

8番手はハース、ロマン・グローキャン。1分20秒237を記録。周回78。

9番手はフェラーリ、キミ・ライコネン。体調不良で午後からの走行となった。1分20秒242を記録。周回49。

10番手はウィリアムズのランス・ストロール、11番手はルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、12番手はフォース・インディアのエステバン・オコン、13番手はザウバーのシャルル・ルクレール、14番手はウィリアムズのセルゲイ・シロトキンという順位となった。

 


3月8日 3日目の結果 トロロッソ・ホンダが3番手

3日目となる今日、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分17秒182 のトップタイムを記録。この日の最多周回数となる、188周を走り込んだ。非公式となるものの、前日トラックレコードを記録したレッドブルのダニエル・リカルドのタイムを0.865上回り、新たなレコードを記録した

2番手ハース、ケビン・マグヌッセン。1分18秒360を記録。周回153。

3番手に食い込んだトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー。1分18秒363 を記録。周回は169。

4番手・5番手はルノー勢が占めた。

ニコ・ヒュルケンベルグが1分18秒675 で79周、カルロス・サインツが1分18秒725 で69周となった。

6番手はマクラーレン、ストフェル・バンドーン。1分18秒855を記録。周回151。

7番手はザウバー、マーカス・エリクソン。1分19秒244 を記録。周回148。

8番手・9番手はメルセデス勢となった。

ルイス・ハミルトンが1分19秒296で84周。9番手バルテリ・ボッタスが1分19秒532 で周回97。

10番はウィリアムズ、ロバート・クビサ。11番手はフォース・インディアのセルジオ・ペレス、12番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンという結果になった。

3月9日 最終日。トップはライコネン、トロロッソ・ホンダは7番手

最終日となるこの日、トップタイム1分17秒211を記録したのはフェラーリのキミ・ライコネン。午前中のハイパーソフトタイヤでの記録となった。157周を走行。

次いで1分17秒784を記録した、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ。1分17秒台はフェラーリとマクラーレンのみという結果になった。周回93。

3番手は1分18秒092のルノー、カルロス・サインツ。周回45。

4番手は1分18秒327のレッドブル、ダニエル・リカルド。周回93。

5番手は1分18秒412のハース、ロマン・クロージャン。この日の最多となる181周を周回。

6番手はメルセデス、バルテリ・ボッタス。1分18秒825を記録。周回104。

7番手に1分18秒949の記録となったトロロッソ・ホンダ、ブレンドン・ハーレー。トップとの差は1.728秒。終盤にトラブルにより走行を断念し、最後の予選アタックも断念となったものの、156周を走破した。

8番手は1分18秒964のフォース・インディア、エステバン・オコン。周回163。

9番手は1分19秒118のシャルル・ルクレール、ザウバー。周回75。

10番手は1分19秒189のセルゲイ・シロトキン、11番手1分19秒464のルイスハミルトン、12番手1分19秒954のランス・ストロールという結果になった。



今テストではメルセデスのトト・ウォルフ代表の言葉が頭を過る、各チームが入り乱れての結果となった。

始動したばかりのトロロッソ・ホンダも最高順位3位と善戦し、今後も期待が持てるテストレースだった。

2018年の開幕戦F1オーストラリアGPはアルバート・パークで3月25日(日)に決勝レースが行われる。

3強の時代は本当に終焉を迎えるのか。今年も目が離せない。

F1ファン必須のアプリも有るので、こちらも是非活用しよう。F1 NEWS、速報、忙しいファンには嬉しいアプリだ。

 



「F1ケータイグランプリ」→http://androck.jp/app/app-news/news-information/f1ketaigurannpuri/