テザリングの方法と料金について~ドコモ(docomo)・au・ソフトバンク

テザリングとは?

テザリングとは、携帯電話回線の契約をしているスマートフォンを利用して、パソコンやタブレット、携帯ゲーム機などをインターネットに接続できるサービスです。

スマートフォンだけでなく、SIMカードを入れて携帯電話回線を利用できるようにしているタブレットなどでも利用することが出来ます。

スマートフォンに、パソコンやタブレットなどの外部機器をWi-Fi・USBケーブル・Bluetoothなどで接続してやることで、接続した外部機器をインターネットに接続できます

ビジネスマンが、出張先でノートパソコンをインターネット接続する際に利用したり、SIMカードを入れていないタブレットを自宅や会社のWi-Fi環境のない場所で使う際に利用する事が多いのではないかと思います。

これほどスマートフォンが普及する以前は、無線LANルーターという持ち歩けるWi-Fiスポットを携帯電話とは別に契約して持ち歩いていたり、所謂ガラケーをUSBケーブルでノートパソコンに接続してインターネットを利用していましたが、iPhoneの爆破的な普及から一気にスマートフォンが普及すると、iPhoneの提供開始当初はロックされていたテザリング機能も解放されるようになり、現在は概ねスマートフォンを持っていれば、テザリング機能を利用してノートパソコンやタブレットの接続が可能になりました。

ただし、あくまでも携帯電話回線を利用してのインターネット接続ですので、光回線等の高速インターネット通信と比較して安定性はありませんし、パケット通信量も多く使う事になりますので、自宅でインターネットを行うWi-Fiスポットとして利用するには少し不安はあります。


ドコモ(docomo)・au・ソフトバンクのテザリングオプションを利用方法と料金

スマートフォンでテザリングを利用する方法と料金について、大まかにドコモ(docomo)・au・ソフトバンクの三大キャリアを中心に説明します。

なお、テザリングを行うには、キャリアへのオプションサービスの申込みの他に、スマートフォンでのテザリングの設定と、接続を行う外部機器側の設定が必要になります。

多くの場合、スマートフォンをWi-Fiスポットとして利用する事が多いでしょうから、外部接続機器については各々の機器でのWi-Fiへの接続設定にて、スマートフォンが発信するWi-Fiの電波を設定してやれば接続が可能になります。

 

ドコモ(docomo)

テザリングは基本契約の中に含まれますので、いちいちオプション契約を行う手間はありません

またオプションとされていないことから別料金も発生しません

対応しているスマートフォンで、テザリングを行う設定をするだけでサービスの利用を開始できます。

 

au

テザリングオプションの契約が必要です。

契約の申込みはスマートフォンからも可能で、5分程度で利用開始が可能になりますが、20時から9時の夜間・深夜に申込みをした場合は、翌朝9時まで利用開始できませんので注意が必要です。

オプションになりますので料金が発生します。

金額は契約プランによって変わりますが、無料~500円とされています。


月額500円(ただし2018年3月までの無料キャンペーン有)のプラン

auピタットプラン

auフラットプラン20/30

データ定額20/30


無料のプラン

データ定額1/2/3/5

ジュニアスマートフォンプラン

カケホ(ケータイ)

スーパーカケホ(ケータイ)

VKプラン

VKプランS

VKプランM

LTEプランS

※その他のデータ定額サービス・料金プランについては、月額500円がかかります。


ソフトバンク

テザリングオプションへの申込みが必要です。

またテザリングオプションを申し込むには、データ(パケット)定額サービスを契約している必要があります。

申込みはスマートフォンからMy SoftBankを通じて行う事ができます。他に電話・ソフトバンクショップでの申込みも可能です。ソフトバンクショップでの申込みには本人確認書類と印鑑が必要ですので、お店で申し込まれる場合は必ずお持ち下さい。

オプションになりますので料金が発生します。

各プランにについての料金は以下の通りです。

500円のプラン

データ定額 50GB


500円だが2018年5月31日まで無料のプラン

データ定額 20GB/30GB

家族データシェア 50GB/100GB

法人データシェアギガパック(50)/(100)


無料のプラン

データ定額ミニ 1GB/2GB

データ定額 5GB

データ定額S(4Gケータイ)

※その他のプランは500円。ただし加入から2年は無料

 

その他キャリア

格安SIMのUQモバイルY!mobileでは、基本的にドコモ同様にテザリングへの特別な申込みは不要で、料金も発生しません


テザリングでPS4(PlayStation4)は使えるのか?

最近のゲーム機はインターネットに接続して、ネット経由で対人対戦を楽しむゲームやOS・ゲームシステムのアップデートを行う事も増えてきました。

ですが、携帯電話の普及に伴って自宅に電話回線を引かない方が増える中、昨今では学生さんでもパソコンも持たないこともあるそうで、インターネット回線を自宅アパートに引いていないという方も少なからずいらっしゃるそうです。

そんな時に、ゲームでネット回線が必要になったとなると、最初に頭に浮かぶのが、現在契約しているスマートフォンのテザリング機能ではないかと思います。

このテザリング機能を使ったインターネットサービスでPS4を使う事ができるか?というと、公式のPlayStationサポートでは推奨されていません

公式には、テザリングでの動作確認は行っていないという見解で、安定した高速インターネット回線を使う事が推奨されています。

テザリングはあくまでも携帯電話回線がベースになっていますので、電波状況によって回線が不安定な場合も少なからずあります。

そうなると、通信のタイミングなどがシビアで通信量も多いゲームの利用にはあまり向かないようです。

その為、ネットワークエラーが発生して接続できなかったり、容量の大きなコンテンツをダウンロード出来なかったり、オンラインでの対戦が途切れるなどの弊害が出てしまう危険性があるそうです。

光回線などの高速インターネット回線を自宅まで引いている場合は、自宅の中でWi-Fiを飛ばして無線化することは難しくないようですが、そもそも携帯電話回線を利用するテザリングではネット回線が安定しないようです。

やはりゲームで利用するなら、高速インターネット回線を引いてしまうのが最も安全で快適だと言えると思います。

 

スマートフォンのOSのアップデート、映画などの大容量の動画コンテンツの閲覧など、スマートフォンやタブレットの利用時でも高速インターネット回線を持っていると利便性が高いですから、スマートフォンのテザリング機能はあくまで外出時のネット回線の確保を目的としたほうが良さそうです