厄年について~男女の年齢早見表

厄年とは

一般に、災厄に見舞われやすい年・年齢とされるもので、地域や寺社によって差はあるものの、男性は25歳・42歳・61歳女性は19歳・33歳・37歳・61歳と言われています。

中でも男性42歳女性33歳は大厄とされもっとも気をつけるべき年齢とされます。

また、厄年は本厄の前後に厄に向かっていく年である前厄、厄が薄らいでいく後厄があります。

この厄年と定められている年齢では、災厄に見舞われる危険も高いと考え、初詣の歳に厄払いのご祈祷を受けたり、転職や引っ越しなどの人生の大きな契機を重ねないように気をつけたりする人もいます。

 

古くは平安時代からの風習という説もありますが、明確な根拠はありません。

当時は暦を扱う陰陽師が政治的にも力が強く、占星術的な知識を背景に災厄を避ける為に日時を指定したり、現代の風水のように方位の善し悪しをはかったりしていたようですが、そんな風習・習慣が元になっているのかも知れません。

現代でも、大安・仏滅などの暦にそった吉凶が生活に根付いていますから、そういった古い習慣ともいえるでしょう。

 

厄年とされている年齢は、おのおの身体の変化の節目や社会的な立場や地位などの変化が多い年齢でもあります。

平安の時代と現代では身体も生活も変わっていますが、概ね社会にでる年齢だったり、仕事で責任を負う立場になる年齢だったり、女性なら結婚・出産に関わるような年齢にあたります。

また、男女ともに60歳の還暦も節目として厄年とされています。

そういった意味からも、いわゆる迷信と考えず、厄年に入ったら、生活を省みてみたり、健康に気を配るようにして損はないのではないかと思います。

 

厄年は、古い習慣でもありますので、満年齢ではなく数え年で計算します

数え年というのは、生まれた瞬間を1歳と設定して、1年に1度正月元旦に年を取るという年齢の数え方です。

現代は、満年齢で年を数えますので、生まれた時を0歳とし、そこから1年毎に生まれた日で年齢を加算しますが、太陽暦を取り入れるまで日本の暦には閏月があって、1年が1ヶ月の年があったりもしました。この暦で満年齢を厳密に計算することは難しいのと、一人一人の戸籍を管理するにも1年区切りで年齢を計算した方が処理が単純で便利だったという側面もあったようです。

難しく考えず、大まかには自分の年齢に+1歳(その年の誕生日が来ていなかったら+2歳)と考えたらいいでしょう


男性の厄年、2018年版年齢早見表

前厄 本厄 後厄
1995年
平成7年生まれ
24歳
1994年
平成6年生まれ
25歳
1993年
平成5年生まれ
26歳
1978年
昭和53年生まれ
41歳
1977年
昭和52年生まれ
42歳
1976年
昭和51年生まれ
41歳
1959年
昭和34年生まれ
60歳
1958年
昭和33年生まれ
61歳
1957年
昭和32年生まれ
62歳
男性の厄年は25歳・42歳・61歳とされています。

25歳といえば、成人が早かった古代なら仕事の中心になるもっとも忙しい責任重い年代だったのではないでしょうか。

現代では22歳頃に大学を卒業し、就職して数年目というところでしょうか。社会のストレスに大きくさらされ、じわじわと疲れも溜まってきている頃ではないかと思います。

 

大厄である42歳は、古代の人生50年と言われる時代では現役を退き、病を得るような時期です。

現代ではもっとも脂ののった、会社でも責任を背負って忙しく働いている年齢でしょうか。ただし、突然死や脳血管障害なども発症しやすくなってくる年齢ですので、現役を退けない現代人の方が健康面からも仕事のストレスや疲労の面からも危険なのかも知れません。

 

61歳は還暦ですので、古代では既に亡くなっている方も多かったでしょう。生きているだけでお祝いしてもらえるような年齢です。

現代では、ようやく現役引退の年齢とされていますが、人生100年時代の現代となっては、第二の人生を歩む為の再就職などでやはり人生の節目の歳になっているように思います。


女性の厄年、2018年版年齢早見表

前厄 本厄 後厄
2001年
平成13年生まれ
18歳
2000年
平成12年生まれ
19歳
1999年
平成11年生まれ
20歳
1987年
昭和62年生まれ
32歳
1986年
昭和61年生まれ
33歳
1985年
昭和60年生まれ
34歳
1983年
昭和58年生まれ
36歳
1982年
昭和57年生まれ
37歳
1981年
昭和56年生まれ
38歳
1959年
昭和34年生まれ
60歳
1958年
昭和33年生まれ
61歳
1957年
昭和32年生まれ
62歳
女性の厄年は19歳・33歳・37歳とされます。また還暦の61歳を含める場合もあります。

 

19歳は古代では出産年齢だったことでしょう。13歳~15歳で嫁ぎ、19歳頃には出産されている方が多かった年齢だと思います。

医療の発達していない時代ですから、出産も命がけです。妊娠中から出産、出産後の期間で命を落としてしまう女性も少なくなったのではないかと思います。

現代では、結婚・出産という方は少ない年齢ですが、丁度義務教育を終え、大学へ進学したり就職される時期に重なるかと思います。

引っ越しをしたり、社会人になったりして、生活も大きく変わる時期ですね。

 

33歳は、古代であれば出産もはピーク、子育てが一段落するくらいの年齢でしょうか。

5人6人と子供を産み、幾人かを亡くし、必死に子育てをしてきた年齢でしょうから、身体も随分疲弊してきている年齢だと思います。

やはりちょっとした油断で病を得て亡くなってしまうという事が少なくなったんではないでしょうか。

大厄とされる所以かと思います。

現代では、晩婚化が進み、初産という方も少なく無い年齢かと思います。高齢出産の年齢にも近づいてきていますので、医療が発達している現在でも、リスクは高いですから、十分に気をつけておく必要があります。

社会の中でバリバリ働いている女性は、やはり責任も負うようになって、強いストレスにもさらされてされてくる年齢ではないかと思います。古代の25歳男性に近い感じかも知れませんね。

 

女性は、大厄33歳からほんの数年後の37歳にも厄年が来ます。

これは、恐らく30代の妊娠・出産のトラブルが当時から多かったという事でもあるのではないかと思います。

古代に37歳で出産というのはもう珍しかったかも知れませんが、新生児の死亡率が50%以上だった時代ですし、避妊技術もない時代ですから、産める限りは産んでいたと考えると、むしろ閉経前のこの時期の妊娠は命に関わっていた女性も少なくなかったのではないかと思います。

逆に、50代に近づき閉経してしまえば、月経で血を失う事もなく、身体も安定していったのではないでしょうか。その意味ではこの40歳に達するかどうかという時期を生き延びるというのは一つの山場だったのかも知れません。

現代は、完全に高齢出産の年齢で、このタイミングで妊娠出産されるのは単純にリスクが高くなっています。

その他、現代の女性は初潮が早く、また妊娠回数が減っていることから、月経回数が増加している関係もあって、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科疾患に罹患するリスクもあがっています。

第一線で活躍するキャリアウーマンの皆さんも、連日残業に追われて、非常にストレスフルな生活を送られている年齢ではないでしょうか。

アラフォー世代である37歳という年齢は、現代でもやはり気をつけるべき年齢なのかも知れません。



還暦にあたる61歳の厄については、女性の厄としては含めない場合もありますが、やはり人生と節目と考えて厄年として考える場合もあるようです。

現代の61歳女性というと、定年退職後の夫が家に入ってくることによるストレスにさらされている場合があるそうです。

熟年離婚の時期でもありますので、なるほど男女ともに災厄のある年齢なんでしょうか。

 

お祓いを受けたからといって病気にならなかったり、事故にあわなかったりするわけではありませんが、お札を頂いて、神棚に飾り、お守りを身につけておくことで、「厄年なのだから気をつけよう」という意識をもつというのが大病やトラブルから身を守る生活の知恵だったのではないでしょうか。