フリーマーケットを楽しもう

 

フリーマーケットと言えば思い浮かぶのが専門の業者ではなく一般の方が自宅に眠っていた商品をお得な価格で売っている場所というイメージがとても強いです。

掘り出し物があったりもう販売していないものなどが売っていたりと見て回るだけでもとても楽しい場所でちょっとしたお祭り気分になれますよね。

でもフリーマーケットに行こうと思って思い付きで行くことは出来ませんね。なぜなら何処でいつ開催しているのか日程がわかりませんね。

そこで、フリーマーケットに行くための情報を紹介して行こうと思います。

 

目次

  • フリーマーケットとは
  • フリーマーケット開催情報
  • おすすめフリーマーケット会場
  • まとめ
 

フリーマーケットとは

元はフランスのいろんな場所で行われていた『蚤の市』が発祥だと言われています。エコの精神で使えるのに捨てるのはもったいないという気持ちが各地に広がりいろんな場所に広がっていたったようです。

アメリカやヨーロッパでは日本以上にライフスタイルとしてフリーマーケットは定着しており観光名所となっている場所もあるくらいです。

不用品やまだ使えるもの再利用できるものを公園や広場に持っていき販売や物々交換をすることがフリーマーケットの基本定義と言えます。



 

フリーマーケット開催情報

私のおすすめは『フリーマーケットへ行こう!』という全国のフリーマーケット開催情報がわかるBiglobeのインターネットサイトです。

このサイトは全国各地のフリーマーケットの開催日を知ることが出来ます。月と日にちごとにどこでフリーマーケットを開催しているのか知ることが出来ます。

いちいち調べるのが面倒な方には月ではなくて今週というカテゴリーがあり今週開催されるフリーマーケットの開催日時がすぐに見れてフリーマーケットに今週行きたくなったという方にはてっとり早くておすすめです。

開催地はざっと見た感じですが、北海道、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県などの開催が多く感じられます。

 

おすすめフリーマーケット会場

せっかくフリーマーケットに行っても小さい規模が小さかったり業者やプロが多かったりしたらあまり意味がありませんよね。そこで大きなフリーマーケットが多い会場を紹介していきたいと思います。

東京

光が丘公園(練馬区)

駒沢オリンピック公園(世田谷区)

代々木公園(渋谷区)

錦糸町イベント広場(墨田区)

東京ドームシティー『プリズムホール』(文京区)

神奈川

日産スタジアム(横浜市港北区)

七里ヶ浜パーキング(七里ヶ浜)

大阪

服部緑地公園<民家集落南広場>(豊中市)

万博記念公園(吹田市)

北海道

中島公園自由広場・園路(中央区)

あつべつふれあい広場(厚別区役所向い)(札幌市厚別区)

 

★紹介したフリーマーケット会場は頻繁に100店舗を超える出店数を超えるフリーマーケットを開催している会場です。せっかくフリーマーケットに行くのならこのくらいの大規模なフリーマーケットに行きたいですよね。

紹介したフリーマーケット会場の日程を検索してみると自分の行ける日時に行ける規模の大きいフリーマーケットイベントを見つけることが出来るのではないのでしょうか。

もちろん紹介した会場以外にも規模の大きいフリーマーケットも存在しています。あなたのお住まいの近くでも規模の大きいフリーマーケットが開催されているかもしれません。探してみるのも楽しいかもしれません。



 

まとめ

今回はフリーマーケットについて書かせて頂きました。調べた結果、小規模なフリーマーケットに行くより大規模なフリーマーケットに出向いた方がいいということがわかりました。

もちろん小規模のフリーマーケットでも自分の求める商品と出会えるかもしれません。そう考えるといろいろなフリーマーケットに足を運ぶのが一番いいのかもしれません。

他には業者やプロが多いような会場ではあまりお得にお買いものをするのは難しいかもしれないので頭に入れておいた方がいいと思います。

この記事を見てくださった方が楽しいフリーマーケットに出会えることを願っております。見て頂いてありがとうございました。