エコでお得なハードオフを活用しよう!

ハードオフは、東京・神奈川・埼玉をはじめとして全国に約800店舗も広がる

大型リユースショップです。

今回はそのハードオフについて詳しくご紹介します。

ハードオフの店舗を探すには?

家にあるいらない物、もう使わない物などを買い取って欲しい・・・

そんな時は、自宅の一番近くにあるハードオフ店舗を簡単に探してみましょう!

ハードオフには公式サイトがあり、その中に「お店を探す」というタグがあります。

「お店を探す」のページへいくと日本地図が表示されており、自分の住んでいる県を

すぐに選択することができます。

残念ながら、北海道・沖縄にはハードオフの店舗はまだないようです。

日本地図の下には「お店の種類」「エリア」「取扱商品」「駅名・商品名」などで

取り扱い店舗を探す事ができる「条件検索」も用意されており、よりスピーディーに

条件にあったお店を検索する事もできます。

ハードオフグループ公式サイト:https://www.hardoff.co.jp/

 


ハードオフのお店の種類について

ハードオフグループでは取り扱い商品によって8つのブランドに分かれており、

それぞれ専門的に取り扱われています。

ハードオフ

ハードオフはパソコンや楽器、AV機器などが専門です。

パソコンおよびパソコン周辺機器・カメラ・楽器・ビジュアル・カーグッズ・腕時計・

プラモデルなどを買取・販売しています。

オフハウス

オフハウスは家電家具、アウトドア用品、スポーツ用品、インテリア、洋服

などを専門に買取・販売しています。

ホビーオフ

ホビーオフはゲームプラモデル、フィギアなどを専門に買取・販売しています。

ガレージオフ

ガレージオフは自転車カー用品、カーグッズ、タイヤ、ホイールなどを専門に

買取・販売しています。

モードオフ

モードオフはレディース・メンズ衣料品からアクセサリー、ブランド品などを専門に

買取・販売しています。

リカーオフ

リカーオフはウィスキーワイン、ブランデー、日本酒、焼酎、またグラス類

ギフト券といったお酒類を専門に買取・販売しています。

ブックオフ

ブックオフはコミック文庫、小説などの本類、ゲームソフト、CD、DVD、ブルーレイディスク

などを専門に買取・販売しています。

ブックオン

ブックオンは新刊の書籍の販売が主で、コミックから小説、週刊誌、雑誌、定期誌などを

専門に販売しており、買取は行っていません。


ハードオフの通販・ネットモールとは?

ハードオフの公式ホームページ右上に、ネットモールへのリンクボタンがあります。

そこをクリックすると、ファッションから玩具・ホビー類、オーディオ・デジタル家電類

楽器類、ゲーム類、時計類のそれぞれのページへのリンクが並んでいます。

それだけでなく、ネットモールには30ものカテゴリがあり、欲しいものを探しやすい

工夫がされていて全国のハードオフ店舗にある様々な商品を探す事ができるんです。

気に入った商品をクリックすると商品のページへうつり、
  • 商品のランク(A~Cなど)
  • 中古・新品・新古品などの記載
  • 商品名・型名など
  • 商品の値段
  • 発送目安時間
  • 取り扱い店舗
  • 受け取り方法(販売店舗か宅配かどちらか)
  • 商品の詳細情報
などが、商品写真と共に記載されています。

商品が気に入ったら「カートに入れる」ボタンを押し、右上に表示されている

カートマークを押すと「購入手続きへ」というリンクボタンのあるページへ進みます。

支払い方法はクレジットカード払いか代金引換(別途手数料324円)、コンビニ決済

(別途手数料324円)の3つなので、カードを持っていない人でも購入する事が

できます。

送料は商品ごとに違っており、1商品ごとの発送なので複数を同時に購入しても

送料はそれぞれかかってしまいます。(ただし、商品によっては同梱が可能で

表示された金額よりも安くなる場合もあり、その場合は別途連絡があります。)

欲しい商品をカートに入れて必要事項等を記入していくと自動で送料が表示されます。

購入を確定すると、後は商品が届くのを待つのみ。

わざわざ出かけなくても、欲しい商品をお得に自宅にいながら購入することが

できます

ネットモール:https://netmall.hardoff.co.jp/top/CSfTop.jsp

 

便利でエコなハードオフをぜひ利用してお得に欲しいものを手に入れてしまいましょう!



 

スポーツ ナビとは一体何?ナビの内容、ラインナップは?

インターネットを見るだけで情報やニュースが、意識しなくても自然に入ってくる時代にになりました。芸能界の話題、スポーツ界の話題、政治情勢、料理レシピ、金融情報、世界の動向など数えきれないほどのニュースや情報がネット上に転がっています。今書いた種類の情報を一つだけ選んだにしてもたくさんの専門サイトが存在します。

今回は数あるカテゴリーやサイトの中でスポーツンナビについて書いていこうと思います。インターネットでニュースを見ることがある方は、名前を聞いたことがあるかもしれません。

スポーツナビについて知っているひとにも知らないひとにも読むだけで理解できるように頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

 

  • スポーツナビとは?
  • スポーツナビってどんなものが見れるの?
  • スポーツナビのいいところは?
  • どんな人におすすめなの?
 

スポーツナビとは?

まず、スポーツナビというキーワードを目にして、すぐに頭の中に出てくるのは、タイトルから想像してスポーツについてナビしてくれるんだろうなということが想像できると思います。

しかし、スポーツと言ってたくさんあってスポーツの何をナビするのかは想像出来ません。まず、スポーツナビとは、どのようなスポーツ情報サイトなのか書いていきます。

スポーツナビとは、大まかに言うとスポーツ全般に関するスポーツ情報総合サイトです。たくさんのスポーツに関するニュースやコラムなど、多種にわたるスポーツに関する情報を手に入れることが出来る情報サイトです。

旬なニュースや最新情報など、今熱い話題などなど、いち早く知ることが出来るので、例えばすぐに目当ての試合結果が知りたいだとか、途中経過が知りたいという人には、とても魅力的なサイトですね。PCのサイトだけではなくスマホのアプリにも対応しているところも使い勝手がいいですね。


スポーツナビってどんなものが見れるの?

 

ずばり、スポーツナビとは、メジャーなスポーツからマイナーなスポーツ、さらには人気の選手個人のニュースまで、かなりの種類のスポーツの最新情報などが手に入る総合スポーツサイトですね。

例えば野球速報などは人気の広島カープの日程や成績などを知ることが出来ます。他にもテニス、ゴルフ、格闘技、フィギュアスケートなどの結果や速報などもスポーツナビ一つで知ることが出来ます。

それと海外のリーグとあまりテレビではやらないスポーツなど、例えばプレミアムリーグや競艇や競輪なども知ることが出来ます。

紹介したのはほんの一部ですが、まだまだ知ることが出来るスポーツ情報は盛りだくさんです。

 


スポーツナビは、どんな人におすすめなの?

上記のようにスポーツナビがとても便利でたくさんのスポーツ好きのニーズに答えられるサイトだということがわかったと思います。

その上で具体的にどのような人におすすめ出来るサイトなのか考えて書いて行きたいと思います。

 

こんな人におすすめスポーツナビ

いろいろな各スポーツの情報を知りたい人におすすめ

スポーツナビの数あるスポーツ項目の中に自分が知りたいスポーツ情報がある人におすすめ

これから新しいスポーツを見たいと思っている人におすすめ

周りの話題についていくために、最新の情報だけでも抑えておきたい人におすすめ

私がスポーツナビの記事を書いていて、スポーツナビをおすすめ出来る人を考えた結果は、上記のような方々ですが、他にもスポーツナビをおすすめ出来る私が考え付かなかった方々はたくさんいると思います。

私の考えるスポーツナビの応用法ですが、仲良くなりたい人がいて、その人がスポーツ好きならば、スポーツナビで日程などを確認してスマートにスポーツ観戦に誘ったり出来るのではないしょうか?

付け焼刃ではありますが、仲良くなりたい人の好きなスポーツについて学んだり、話のネタに最新情報も手に入れることが出来るしょう。

これは私が考えた応用方法ですが、自分でもスポーツナビの応用法を考えて自分の生活に役立ててはいかがでしょうか?

 

ハマる?!クロスワードパズル

単純にクロスワードパズルと言っても、カタカナ(ひらがな)のみだけではなく、漢字のみなんて言うのもあって意外と幅広く、子供から大人まで一緒にひとつのものを楽しめるのが魅力ですよね。クロスワードパズルやってみませんか?

 

クロスワドパズルは無料でできます!

イメージ的には、コンビニのブックコーナーや本屋さんとかで買ってやる!という感じだと思いますが、今は無料でもじゅうぶん楽しめます。無料だと簡単なものばっかりなんじゃない?とか問題が少ないんじゃない?なんて思うかもしれませんが、無料アプリでもたくさんの問題を楽しむことができますし、どんどんレベルアップして難しくなったりします。中には懸賞付きのものもあり、ゲーム要素も高く中毒性もあり、やり始めたらハマってしまう方はたくさんいると思いますよ。


クロスワードパズルは暇つぶしだけじゃない!

クロスワードパズルと言えばやっぱりパズルゲームの括りに入れてしまいますし、暇なときに暇を潰すためにやってしまうゲーム思いがちですが、考え方を少し変えてみましせんか?賢く使うことによって、ゲームとしてだけではなく学習ツールや脳トレなどにも使えます。

最近はPDFなどでダウンロードして、印刷して使えるクロスワードパズルがたくさん提供されています。小学生くらいの子供たちには、カタカナの練習としても使えますし、分からないような、少し難しい言葉に触れる機会を与えてくれるツールにもなります。これは、読書と同じような効果が得られるはずです。問題が言葉の意味だったりすることもあるので、言葉とその意味に同時に触れることができますので効率的です。

高齢者の方にも考えることによる頭の体操、脳トレや、書くことで手を動かしたりするリハビリ的ツールとして使えますし、ついつい辞書に手が伸びてしまったりすることもありますが、辞書を引いたり読んだりすることも自体も良い効果ですよね。よく新聞にもクロスワードパズルが付いていますが、そのような良い効果が色々期待できるからこそだと思います。分からなければ家族に聞いたり、最終的には家族や友達みんなで楽しんで解けるので、会話にもつながりますし、ただのゲームとして扱ってしまうにはもったいない、様々な使い方ができるものなんです。


人気クロスワードパズルは?

ペンも本もなくても、スマホやタブレットなどで気軽にできてしまう、無料アプリ無料サイトはクロスワードパズルをする方法としては人気のひとつです。アプリの中にも様々な種類があります。

・解くことによりポイントが溜まる。

・解いた問題によって懸賞に応募できる。

・ゲームとしてレベルアップや難しい問題を狙う。

この要素が複数合わさっているものもあれば、中には自分の趣味のものや好きな動物などとコラボしてあるものなど、様々な種類があります。

なかでも人気なのが、ポイントをためるサイトの中で、毎日クロスワードパズルが出題され、それを解いてポイントをもらうという形式です。その溜まるポイントを換金したりプレゼントの応募に使えますし、手軽にクロスワードパズルも楽しめて、それがお小遣いになって帰ってくるということで、みんなハマっているようです。

代表的なサイトとして

・フルーツメール

・ポイントタウン

などがあります。毎日クロスワードパズルの問題が出題されるので、登録している方たちみんなで協力して解いたり、サイトを作って答えをシェアしたりしていますので、分からなくてもそのままモヤモヤすることもないので安心して楽しめます。もちろんポイント目当てでも楽しめますし、毎日のクロスワードパズルが目当てでもどちらの目的の方でも楽しめるのが嬉しいですね♪

 

他にもオススメ

クロスワードパズルはカタカナだけではありません。最近は漢字のみのクロスワードパズルがあったり、数字だけのナンバークロスワードパズル、英語のみなど外国語バージョンもありますし、学習ツールとしても、頭の体操としても、自分の力や目的に合わせて、楽しみながら使ってみてくださいね。

新幹線の回数券について詳しく解説


新幹線を多く利用する方は回数券を使うことも多くなりますが、回数券というのは予定がしっかりと決まっている人が使うものであり、行くか行かないのかわからない人が持っていても余ってしまうことが多い代物でもあります。人によっては市幹線回数券期限切れになって捨ててしまうというケースもありますので、しっかりと自分が購入することで得になるのかを理解しておかないといけないでしょう。そこで、今回はこの新幹線の回数券にしぼって賢い使い方を探っていきます。


新幹線の回数券は料金的にどれくらいお得?

新幹線の回数券は4枚つづりや20枚つづりがありますが、一般的には6枚つづりとなっておりますので料金割引もそれ相応のものとなっております。これはどの区間の回数券なのかでも変わってきますが、どうやら割引率は2~13%程度のようです。東京駅近郊での回数券は2%とか5%程度とかなり低い数字になっておりましたが、静岡から西へ向かった場合の割引率は10%を超えることが多く回数券効果も多かったのです。なので、少しでもお得に使いたいという方はある程度は有効という結論が出ます。

ただし、回数券にこだわるのではなく新幹線の早割料金を利用した方が圧倒的に安くなるケースもありますので、どのような割引を実行しているのか随時チェックした方がいいでしょう。東京出発で西へ行く新幹線の割引きっぷはないと言われておりますが、それ以外の区間なら1ヶ月前の購入で5割引となるケースもあるのでかなりおすすめできます。ただし、JR東日本の早割料金を利用したいという方はインターネットの「えきねっと」に会員登録をする必要があるといった多少のルールはそれぞれの地域ごとに存在しますので先に調べておくことを推奨します。


新幹線の回数券は金券ショップで買える?

今でも新幹線の回数券は金券ショップで購入することが出来ます。新幹線回数券そのものは昔から金券ショップでかなり売れる商品であり、今傾向は今でも変わっていないので手に入る確率は高いでしょう。ただし、金券ショップでの値段も極端に安いものは殆ど無く、正直あんまり変わらないというものばかりなので金券ショップにこだわる必要は無いでしょう。むしろ面倒くさがりの方は金券ショップを使わないでいつ通りの方法で回数券を購入した方がいいです。

というのも、金券ショップではクレジットカードが使えないといった特有のデメリットがあるので、手間取ってしまうことがしばしばあります。そもそも探してもないというデメリットもあるので要注意です。現金を手元に残しておきたいという方は定価で買った方がいいでしょう。

回数券のメリットやデメリットについて

回数券には指定席の予約方法も簡単であり使い勝手は確かに良好です。みどりの券売機を使えば誰でも新幹線回数券を使って指定席の予約も可能となっております。指定席の変更も同じような操作で出来ますので、変更予定のある人も券売機から操作してください。買い方も簡単でみどりの窓口やみどりの券売機を使って購入しましょう。このような購入の仕方や予約の仕方がある回数券にもメリットとデメリットがあるので、それを理解した上で使いましょう。

メリットは回数券を用意すれば1人で使うことも出来ますし6人でも使えると言うこと、クレジットカード決済でポイントがお得だと言うこと、乗り遅れても別の新幹線に乗れると言うことでしょう。特に乗り遅れても気にすることなく別の新幹線に乗れるのはありがたいです。デメリットは3ヶ月という期間があるのでこれを守らないとゴミになってしまうと言うこと、そしてゴールデンウィークや年末年始と言ったピーク時には使用できないと言うことでしょう。

新幹線チケットをとにかく安くするには


新幹線はどんどんと便利になることで移動時間が短くなりちょっと遠いところでも身近な距離に変えてしまいました。移動時間は短縮されましたが、料金も利用しやすいお手頃価格に変化しているのでしょうか。様々なものが必須にされてしまった現代社会において、移動における費用というのは少しでも減らしたいと考えるのも当たり前となっており、新幹線代が高いのならば車で移動することも視野に入れている人も多いでしょう。そこで、今回は新幹線の料金を中心に色々と考えて行きたいと思います。

新幹線の予約方法は今どうなっているのか

新幹線を予約するには、券売機やJRの駅の窓口を利用するのが一般的でした。それ以外にも旅行会社のカウンターで手続きをしてもらうという方法もあったでしょう。しかし、今ではわざわざ窓口に向かうのではなくインターネットで予約する方法が主流となっているのです。ただし、同じJRでも西日本と東日本では色々と異なる部分があり、予約するために使うサイトも異なってしまうので、自分が利用すべきサイトはどれなのかを理解しておく必要があります。

たとえば、関東や東北や北海道に住んでいるという方々が頻繁に使っている予約サイトは「JR東日本えきねっと」になりますが、こちらのサイトでの予約は東北・上越・北陸新幹線の利用者が基本となっていますので、西日本や九州在住の方は縁が無いでしょう。東海道新幹線も予約が可能となっているという情報がありますが、やはり東日本に在住の方が中心となってしまうのは致し方ありません。JR西日本を利用している方は「スマートEX」を使っての予約が一般的となります。新幹線予約ネットサービスは増えましたがこのように住んでいる地域ごとの使い分けが重要なのです。


新幹線料金は往復だと安くなる?

新幹線はやっぱり距離が長いとそれだけ割高になってしまいますので、旅行で遠出をする方は少しでも交通費を減らしたいと考えます。そこで「格安チケット予約方法」や「新幹線料金早見表」といった言葉を検索して探すことになるのですが、やはり新幹線のチケットを安くする方法というのは限られているのでそこまで多くの回答は得られないでしょう。その中でも登場回数が多い言葉が「新幹線料金は往復割引があるのでそれを利用すること」といった紹介文です。この言葉につられてとりあえず往復チケットを購入してみたという方もいるようですが、これだけでは全く安くならないことのほうが多いので注意してください。

この往復チケットが格安になる条件は「片道601キロ以上の区間を往復する」という長距離移動者限定となっているので、とりあえず買えば安くなるという考え方は捨てましょう。在来線も含む601キロではありますが、東京から広島や秋田までの移動距離が必要になりますので該当しない場合はこの割引は諦めた方がいいです。


どうにかして新幹線料金を安くする方法

新幹線料金を少しでも安くする方法は、先に紹介した往復割引を使うとか指定席ではなく自由席にするとか回数券を購入して安くするというやり方もありますが、回数券は余ってしまうこともありますのでその場合は金券ショップなどの流すしかなくそれだけ損をしてしまったと感じてしまうでしょう。やはり通常のやり方では限界があります。

少しでも安くしたいという方は「新幹線宿泊パック」といった宿泊を前提とした新幹線チケット購入しかありません。これは新幹線とホテル宿泊がセットになっているものですが、これを利用するとものすごく安くなります。往復割引や回数券といった割引は二つ合わせても15%程度の割引にしかなりませんが、宿泊パックはものによって3割程度一気に安くなるのです。本格的に費用を削りたいという方はこの宿泊パックを利用した旅行を計画してください。

常磐線時刻表について


常磐線は東京在住の方もよく使われるJR東日本の幹線の一つで東京からなんと宮城県の岩沼市までを結ぶものすごく長い路線です。ここまで長いと東海道本線や中央本線のように本線を名乗っても良いとよく言われますが、最も長い本線を名乗らない路線という面白い称号を得ているのでそれはそれでありでしょう。そんな常磐線はかなり路線が長いので知らない人から見ると時刻表も見づらいかもしれません。今回は常磐線の時刻表についてまとめていきます。

常磐線時刻表下りについて

あらゆる路線には「下り」と「上り」が用意されています。基本的な考え方として「上り」は都市部に向かう電車のことで「下り」は都市部から離れていく電車になるのです。つまり、常磐線は東京から宮城県まで通っているので、東京の中心部に向かうものが全部「上り」となり、東京から離れていく電車が必然的に「下り」となります。これを常磐線にあてはめると、品川駅に向かう電車が「上り」となって品川駅発の電車が「下り」となるでしょう。

これを踏まえた上で使う時刻表は「えきから時刻表」にある常磐線の項目になります。こちらのリンクは「上野~仙台」のものです。これを見れば「下り」の時刻表もまるわかりです。ただし、上野発のゴールでそのまま仙台まで突き進むものはなくほぼ茨城県の「勝田」でストップするので注意してください。書き方としては「仙台方面」を「下り」としていますが、上野発の常磐線に乗り続ければ仙台に到達するというものはないのです。基本的に仙台まで下っていくという方は新幹線をお使いください。上野東京ラインはこちらの「JR東日本」の上野東京ライン(常磐線)から確認してください。


常磐線時刻表上野発で探すと

これば上野発で考えると車種は「普通」「特急ときわ」「特急ひたち」「特急快速」の4つになります。普通の電車なら勝田か水戸で止まりますが特急になると茨城県の高萩や福島県のいわきまで下っていきますので到着時間なども別途チェックしておく必要があるでしょう。また、特急や特別快速になると三河島や南千住あたりは飛ばされていきますので、注意してください。

これは時刻表のみのチェックでは見落としてしまうことが多いので、「駅時刻表」だけではなく「路線時刻表」もチェックするようにしましょう。駅時刻表だけでは快速や特急がどの駅を飛ばすのかわからないことが多いので乗った後に飛ばされてしまい焦ってしまうというパターンがしばしばあります。


常磐線についての補足事項

常磐線というのは一本のルートだけではないので一旦整理します。基本的には東京都港区の品川駅から宮城県仙台市青葉区の仙台駅までが主流となっている常磐線ですが、東海道本線の品川駅から東京駅のルート、そして東北本線となっている東京駅から上野駅のルートも含めて常磐線と呼ばれているのです。このルートは「上野東京ライン」と呼ばれていて東海道本線と東北本線という名前があるのに常磐線に組み込まれている不思議な状況が発生しており、東京駅が常磐線に含まれているのかどうかで議論になってしまう要因とも言えます。

ウィキペディアを見てみると起点が日暮里駅で終点が岩沼駅と記載してあり、東京的が含まれている訳ではないと言えそうですが、列車運行上の常磐線は先ほど解説したように品川駅や東京駅を経由する「上野東京ライン」が組み込まれているので常磐線が通っていると言えるのでしょう。ここら辺がかなりややこしいのですが、間違いないようにしてください。先に紹介した「えきから時刻表」も上野駅からの紹介になっていますが、実は上り方面の上野駅まで到達する電車なら「路線時刻表」の下側にある「接続」をクリックすると品川駅までの時刻表が出ます。

小豆島フェリーについて高松は通る?


小豆島はオリーブ公園やビーチ、瀬戸内国際芸術祭や二十四の瞳など有名なものが非常に多く、夏場になると観光客で圧倒的に賑わう場所としても有名です。しかし、瀬戸内に浮かぶ島なので電車で移動するわけにも行かず、交通手段には普段使ったことが一切無いようなフェリーが必須になってきます。小豆島に行くためのフェリーは「小豆島フェリー」となるのですが、いったいどのようなルートがあるのかわからないという人も多いでしょう。今回はこの「小豆島フェリー」について解説いたします。

小豆島フェリー時刻表について

小豆島に行くためには「小豆島フェリー」を使う必要がありますが、これはバスや電車と一緒で時刻表によってしっかりと管理されております。つまり、利用客は時刻表通りの移動時間計算を行う必要があると言うことです。この小豆島に向かうためのルートは姫路から小豆島に向かう100分ほど時間がかかるルート、新岡山から小豆島西側の「土庄」に向かうルート、四国の香川県高松港から「土庄」に向かうルートの3つです。ただし、高松を経由するルートは岡山県の宇野からスタートして「宇野→高松→土庄」と行くルート、そして高松と土庄を高速艇を使って移動するルートも存在しているので細かく別けると5つになります。

つまり、時刻表もこの5つ分存在しているということです。もちろん、片道切符ではなくしっかりと往復しているので「小豆島フェリー時刻表高松発」とか「小豆島フェリー時刻表岡山発」と別れていることも忘れないでください。それを理解した上で「小豆島フェリー株式会社」のホームページをご覧ください。先ほど紹介したルートが記載してありますので、そちらをクリックすると時刻表に飛んでくれます。WEB予約も可能なので事項を調整して選びましょう。


小豆島フェリーの高松発や姫路発などの料金について

神戸港ではなく姫路港を使っているという意外な事実もわかりましたが、時刻表よりもどの程度の料金がかかるかを気にしている人もいるでしょう。こちらも気になったので確認したところ、先ほど紹介した「小豆島フェリー株式会社」のホームページからしっかりと表示されていたのでそちらからチェックしましょう。どのルートを使うのかを決めた後に、先ほどのホームページからそのルートをクリックして詳細を表示させることで必要な情報は集まります。時刻表の下に運賃がありますのでそこからどれくらいの出費になるのかを計算しましょう。

気になる部分と言えば、姫路から小豆島のルートでも人だけの移動ならば大人でも1520円なのに、自動車になると車輌全長4m未満でも7390円となるという部分です。車を移動させるとなるとものすごく割高になります。「往復割引切符発売中」という項目に「3m~6m未満の車輌運賃及び旅客運賃対象」とありますので、いくらか割引されるのでしょうが、車はよほどのことが無い限り持ち込まない方がいいでしょう。


小豆島の観光について

小豆島は小さな島ではありますが観光スポットはかなり多いので1日では回りきれないでしょう。ある程度限られた日程で向かうという方はどこに行くのかをある程度搾った方がいいです。とりあえず、小豆島に何があるのかを調べたいという方はこちらの「LINEトラベルjp」をごらんください。ここでは25箇所ものスポットをわかりやすく解説しているので、そこから行きたい場所を抽出することも容易となっております。

逆に多すぎることで悩むというパターンもあるかもしれませんが、こればかりは厳選するしかないでしょう。ただし、中には「洞雲山・夏至観音」のような条件が整わないとそもそも見ることすら出来ない観光スポットも存在しているので、時期や季節もしっかりと計算に入れた状態で小豆島観光を行ってください。せっかく訪れたのに無駄足になってしまうような旅行ではあまりにももったいないです。

2018年における住所検索方法について


電話番号からの住所検索とか郵便番号からの住所検索は年賀状やお中元のシーズンになると頻繁に使われるものではありますが、インターネットがここまで発達したことで昔とは比べものにならないくらい簡単にできるようになっております。今回は2018年現在において簡単に行えるようになった住所検索の方法についてまとめていきます。

電話番号や住所検索は無料があたりまえ?

一昔前はタウンページを使って個人の住所検索や電話番号のチェックを行っていましたが、今では紙媒体を使って調べるよりも電子媒体を使って調べることが当たり前となっております。実際にタウンページも地図から住所検索が出来る専用のホームページを用意しているので紙媒体がなくても十分に使えるようになっているのです。もちろん、地図からの検索ではなく病院やレストランといったカテゴリーから検索することもできるようになっていますので、自分が求めているものはどのような検索ルートを辿ったとしても行えるようになっていると考えましょう。

これが電話番号から住所検索につなげるという方法をとりたい場合は特に難しいことはせずに、YahooやGoogleといったサイトの検索エンジンでそのまま電話番号を入力すればいいでしょう。それだけでどのような所からの電話だったのかが簡単にわかるようになります。これが公的機関ならば住所なども詳細に出てくるでしょう。このように簡単に電話番号で検索できるようになっているので無料で十分と言えるのです。


住所検索で個人名までわかるのか

これはその住所検索がどれだけ使われているのかで状況は大きく変わってきます。たとえば「jpnumber」を使って電話番号を入力すると、登録されている企業やお店だったら住所がきっちりと出てきますし、登録されていない番号であったとしても口コミからどのような相手からの電話かがわかるようになっております。しかし、一般家庭で仕事に用いていない電話番号が対象となるとその人の個人名にまでは到達できないのです。あくまでも仕事で使っている電話だとある程度の情報がわかるという段階になっております。

これが住所検索からの個人名検索になるとさらに難易度は上がるでしょう。個人名検索に到達することは殆ど出来ません。いわゆる「個人情報」に繋がるのである程度の住所を入力したところで「○○さんの家」とはならないのです。「住所でポン!」というサイトを使えば、電話番号での検索や住所検索が可能となっていますが個人名にまではほとんど到達できません。郵便番号からの検索も日本郵便グループのホームページを使えばできますが、個人情報特定までには至りません。


電話番号や住所検索アプリはあるの?

郵便番号や住所検索、そして電話番号検索が簡単に行えるようになりましたがこれはアプリでも搭載されているものなのでしょうか。これは数少ないですが、存在しております。代表的なものとなると「地図タップ住所検索」が住所が検索されるアプリと言えるでしょう。日本国限定ではありますが東京や大阪などの大都市は3Dマップで見ることも出来るのでお店検索にも使える便利なアプリとなっております。しかし、住所検索系のアプリはそこまで種類が多くないのであんまり種類は選べません。

これが電話番号からの検索となると住所検索よりも多いアプリが使えるようになります。たとえば「Whocall」や「電話帳ナビ」などが代表的でしょう。いたずら電話や迷惑電話防止のために使っていることが多いアプリのようで、知らない電話番号から突然の着信があった場合に相手が何であるのかを知るために使われているようです。ただし、こちらも大量にあるわけではないのでそこまで選択肢は多くないと考えてください。

お得に利用!ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラ 店舗一覧

ヨドバシカメラは全国で23店舗東京都内には8店舗、その他、神奈川・埼玉・千葉・栃木・新潟・北海道・宮城・福島・愛知・大阪・京都・福岡に店舗を構えます。

様々な家電量販店チェーンと比べると、展開している店舗数が少ない印象を受けますが、出店場所をターミナル駅を中心にしていることで、駅を利用する方をそのまま取り込むという集客力の高い店舗を生み出しています。

また、専門知識の高い各家電のエキスパートのような店員を各売り場に置く事で、お客様の信用が得られ、それが更なる集客につながり、人気の店舗となっています。


都内での主な店舗の営業時間

●新宿西口本店

営業時間              9:30 – 22:00

●マルチメディア新宿東口

営業時間              9:30 – 22:00

●マルチメディアAkiba

営業時間              9:30 – 22:00

●マルチメディア錦糸町

営業時間              9:30 – 22:00

●マルチメディア上野

営業時間              9:30 – 22:00

●マルチメディア町田

営業時間              9:30 – 22:00

●八王子店

営業時間              9:30 – 22:00

●マルチメディア吉祥寺

営業時間              9:30 – 22:00

 

ヨドバシゴールドポイントサービス

ゴールドポイントというサービスがあります。ゴールドポイントカードに入会すると、ヨドバシカメラでお買い物した金額に応じてポイントが還元されるサービスです。

貯まったポイントはヨドバシカメラのお買い物時に使用することができます。

電化製品以外の日用品やお酒などの販売もありますし、ちょっとしたお買い物でもポイントの還元を受けられますし、使用も可能です。

他の家電量販店でもポイント還元の仕組みは各社行われていますし、同じ還元率、ポイント価値のもの多いのが実際のところです。

ポイントが貯まる仕組みとしては還元率が重要になってきますので、還元率が高い日に買うのはマストではありますが、買う日を選んでいられないし、還元率が高いところで買っていても、毎回行くところが違うとポイントもなかなか貯まらなかったりする場合も多いすし、いつの間にかポイント失効なってこともよくあると思います。そこで、実はヨドバシカメラには、【常に還元率がアップする】というおすすめのサービスがありますのでご紹介します。

 


ゴールドポイントカード・プラス

入会金・年会費無料でクレジットカード機能付きのカードです。ポイントの還元率は、商品の現金決済で10%1ポイント=1円として使用できるのは、他店でも同じサービスが行われていますし、現金決済の還元率が高く、クレジットカード払いだと8%に下がってしまうというのが他店でも一般的なんですが、このサービスは指定のクレジットカードでの決済で、還元率が11%にアップします。同じ買い物をするならこちらの現金決済よりもこのカード払いがお得です。しかもクレジットカード自体のポイント還元もあるので、ダブルでポイントを貯めることができます。長期の分割払いショッピング保障も無料で利用可能ですので、利用しない選択肢はないですよね。

さらに年会費3,900円で、商品の1年間補償と、商品の引取料3,000円が1年間で3回まで無料のサービスが付けられますので、ご自分に合ったサービスを選んでお得にご利用ください。

ゴールドポイントの有効期限は、最後にポイントカードを利用した日から、2年間です。2年間まったくご利用がないとポイント全ては失効となりますので注意してください。

ヨドバシ・ドット・コム(モバイルヨドバシ)会員の方は、ログイン画面にポイント残高が表示されますので、こまめにチェックしてみてくださいね。

ヨドバシカメラを利用しよう

お得で便利な利用方法をいくつかご紹介します。

まずはゴールドポイントカードアプリを利用しましょう。お買い物の際にスマートフォンをかざすだけでポイントカードの使用が可能ですし、日用品などのクーポンも取得できますのでさらにお得です。

近くにヨドバシカメラがないけど利用したい!という方にも安心のサービスがあります。

ヨドバシ・ドット・コムモバイルヨドバシ)をぜひご利用ください!

ゲストのままでもお買い物は可能ですが、そのままではポイントが還元されませんので、ヨドバシ・ドット・コム(モバイルヨドバシ)のお買い物は、ぜひ会員登録をしてご利用ください。

また、引っ越しなどで店舗が遠くなってしまったなどの理由で、前のカードやポイントをすでにお持ちの方も、アプリでID登録をすることでポイントの共通化手続きができますので、お買い物で貯まったポイントを、店舗・インダーネット、どちらのお買い物でも核店舗で使用できるようになりますのでぜひご利用ください!

 

近くにない方も、店舗が近い方も同じようにポイントを貯めながらお買い物ができるサービスが用意されていることでも、ヨドバシカメラが人気の理由のひとつだと思います。

自分にあったサービスを利用して、お得にお買い物、ポイント利用をしましょう!

名古屋市交通局の利用

名古屋市交通局って?

名古屋市と言えば、東京を除く横浜市、大阪市に続いて日本第3位の人口をもつ政令指定都市であり、観光地としても有名です。中部地方では中心地と言っても良いと思います。

愛知県、と言われると、思い浮かぶのが名古屋城やしゃちほこ、トヨタ、独自の食文化などたくさんの観光名所や文化があり、その愛知県の中心でもある名古屋市は、一度は観光に訪れたいところでもあると思います。

観光に欠かせないのが、移動手段の確保です。そこでみなさん必ず利用するであろう名古屋交通局について調べてみました。

名古屋交通局は、名古屋市営地下鉄市営バスを運営しています。古くは路面電車やトロリーバスの運営から始まった機関です。電車とバスは、観光には欠かすことのできない移動手段ですし、それだけでなく人口も多い名古屋市やその周辺に住む方にも欠かせない足になっています。どちらも同じ機関が運営することで、乗り換えや路線図の関係性もわかりやすくなります

名古屋に行ったら欠かせない、市バス、地下鉄についてもう少し調べてみましたので、ぜひ参考に愛知・名古屋観光に出かけてみてください!



 

名古屋の地下鉄・バス

地下鉄は、守山区を除く名古屋市15区と日進市に路線があります。6路線ありますが、複数の路線が交差する駅は限られていますので、路線図は必須です。名古屋駅がいいちばん多く交差するので乗り換えには便利と言えますが、他の路線に乗り換えたいなどとなると複雑です。

バスは名古屋市全域と隣接する市の一部まで伸びています。観光名所や生活に欠かせない病院やスーパーなど多方面に使用できるようになっています。

地下鉄にしてもバスにしても、乗換ナビなどサイトやアプリを使うのも良いですが、名古屋市交通局のホームページには、路線図時刻表料金表所要時間バス停留所などはもちろん、バス停にバスが近づいていることを知らせるサービスなどが全て揃っています。

どちらも同じ運営のため、電子マネー【マナカ】など、ICカードの利用もスムーズです。同じホームページの中で、地下鉄とバスの両方の情報を検索できるので、特に名古屋市に住んでいない方や観光などでは便利だと思います。

このようにわかりやすく移動しやすいという街づくりが、観光客の増加や人口の多さにつながる、街の利点のひとつと言えます。



 

みんなが笑顔になるように♪

名古屋市交通局は、単に地下鉄、市営バスの運営というだけでなく、観光はもちろん、市営交通を使った楽しみ方の提案もしています。

地下鉄の駅から出発して、沿線の景色を楽しみながらのウォーキングを開催したり、キッズ向けに無料の冊子やペーパークラフトをウェブで配信しています。レトロでんしゃ館など、旧車両を見学できる施設を作ったり、少しでも駅や、地下鉄、バスに親しみを感じてもらいたい、利用してもらいたいという気持ちがよくわかりますね。

ホームページには、バスや電車の路線ごとの使用車両や車両の設備などの概要が詳しく載っていますので、車両自体が好きな方、もっと詳しく知りたいという方にも楽しんでいただけるようになっています。

電子マネーのマナカはオートチャージという、一定額以下になると登録のクレジットカードから自動チャージのシステムもあり、毎日利用する方にはうれしいサービスを備えています。

その他、ドニチエコきっぷなどのお得な料金設定のものや、バスで観光名所を巡れるようなプランラッピングバス特別なデザインの電車など、さまざまな工夫をして住んでいる方、観光の方、どちらも楽しめるように努力しています。

名古屋市に行きたくなりましたか?移動の検索もらくらくで乗換もスムーズ、楽しい旅にしてくださいね!